今週の日経平均見通し

今週から9月相場が始まります。

毎年軟調なこの時期、今年も9月相場は厳しくなりそうです。

しかし、ここに来て少し明るい話題もありました。

まずはジャクソンホール会合はでサプライズが無かったことです。
イエレンはハト派姿勢を崩さず、ドラギさんもテーパリング時期については触れずでした。

イエレン発言録

・米金融規制のいかなる調整も控えめなものにとどめる必要

・危機以降に導入された改革に対する批判を認識、改革により金融システムの安全性が高まったとも指摘

・世界的金融危機の代償の記憶、「薄れつつある」可能性

・「中核的な」改革、信用・成長を損なわずに金融のレジリエンス(回復する力)を強化

・一部の改革、市場の流動性に影響を及ぼしている可能性

・「ボルカー・ルール」、補完的レバレッジ比率の見直しを排除せず

・調査はなお限定的、FRBは改革の効果の検証を今後も継続

・民間部門、銀行の安全性が高まったことを示唆

・イエレン議長、ジャクソンホールで行った講演で金融政策について言及せず

ドラギ発言録

・世界的な回復は堅調になってきている

・潜在成長が一段と強くならなければ、現在世界的に見られている循環的な回復は最終的に低成長に向け収束する

・世界経済により多くの活力を投入するには、潜在産出の伸びを押し上げる必要

・通商への開放性は脅威にさらされている

・公正さを巡る懸念に対処するにあたり、多国間の協力が不可欠

・保護主義への転換、生産性の継続的な伸びと世界経済の潜在成長に対する深刻なリスク

・手ぬるい規制が適切な時期はない

・手ぬるい規制、金融不均衡を生み出すリスクをはらむ

・金融政策が世界的に非常に拡張的となるなか、規制当局は危機を生み出すに至ったインセンティブの再燃を念頭に置くべき

・量的緩和(QE)は「大いに成功」、回復は根付いた

・大規模な金融緩和はなお必要、インフレはまだ目標に向け収束していない

・産出ギャップが縮小するにつれ、インフレは目標に向け収束していくと確信

・労働市場のスラックと生産性の伸びの低迷により、忍耐強さが必要

・信頼の向上に向け、世界の中銀はより良い情報交換・コミュニケーションに向け取り組める可能性

市場はこの2人の発言を警戒して持ち高調整をしていただけに、今週はその戻しがありそうです。
これはドル安円高方向のバイアスですね。

またもう1つの外部リスクである北朝鮮問題。
26日朝に飛翔体を発射というニュースが流れたときにはヒヤッとしましたが、
それはグァム方面でもなければ、日本のEEZでも無い明後日の方向に撃たれたもので、
ICBMでもありませんでした。

これも市場にはポジティブな内容です。
少なくとも一部で言われているような9月上旬開戦は無さそうです。
アメリカはアメリカで第7艦隊の司令官交代とか臨戦態勢とも思えません。
空母も開戦できるほどは揃っていませんし、何より韓国が許可していませんしね。

アメリカから先制することは現段階ではありませんので、北朝鮮が自制的であれば
戦争は避けられるでしょう。

この2つのポジティブニュースで、今週の日経平均は少し戻すと見ています。

ターゲットはやはりPER14倍あたり。
8/25日のEPSが1416.80ですから、19,835円付近まで戻せるかどうかが焦点となります。

そして28日、もう1つのポジティブニュースが入ってきました。

茨城県知事選挙

当初は現職優勢と言われていましたが、自民・公明の大物議員が続々と応援に駆けつけ
与党推薦候補が勝利という結果に結びつきました。

本来、地方選挙と国政は無関係であるべきですが、都議選・仙台市長戦の負けが
印象に残っている中だけに、嬉しいニュースです。
ここで負けたらまたムードが悪くなり、連日マスコミがネガティブキャンペーンを繰り返し
せっかく上げ始めた内閣支持率に水を差すことになったかもしれません。
10月22日は衆院補選がありますので、そこに向けてポジティブなムードを維持したいところです。

 

あまり市場から注目はされていませんが、民進党の党首は前原さんになるのでしょうか。
前原さんになれば共産党との共闘体制は解消でしょうし、
民進党が生き残る方法はそれしかないと思います。
枝野さんが党首となり、共産党とさらに連携していくのであれば、
1~2年で民進党自体がなくなるかもしれません。
そして野党第1党が共産党になってしまうかも。

日本経済にとっては少し明るい兆しが現れた週末でした。
しかし北朝鮮問題は何も解決していませんし、9月5日から米国議会も再開します。
トランプ政権も前途多難、債務上限問題がこじれると米国市場急落、
つられて日経も急落というリスクもあります。

今週はまず戻すだろう予測ですが、損切りは確実に入れましょう。
最後の見方は損切りだけですから。

 

もっとお小遣いを稼ぐ情報が知りたい方はコチラ

株式

Posted by マスター